Trust News & Blog 【探偵豆知識】悪徳探偵社の特徴とは?

2023年11月20日
探偵豆知識

【探偵豆知識】悪徳探偵社の特徴とは?

今回は、「悪徳探偵社の特徴とは?」の探偵豆知識をご紹介します。

アニメやドラマなどでは話題になっても、実際の探偵業が話題になることって少ないですよね。

探偵業の実情は、まだ世の中にあまり認知されていないように思います。

実は、そのことが原因で、知らず知らずのうちに悪徳探偵社に騙されてしまっているケースが後を絶ちません。

なので、今回は悪徳探偵社の特徴について紹介したいと思います。

皆さんも、ぜひ、事前にこの記事をチェックして、悪徳探偵社の被害に会わないように気を付けましょう。

悪徳探偵社の特徴1:調査料金に「経費込み」と書かれている

経費とは、尾行などの調査を行う上でかかる費用の事です。

探偵における経費は、主に対象者の尾行を行った際に必要な交通費や、旅館などに宿泊した際に、調査員も宿泊した方が確実に証拠が集められるような場合の宿泊費などがあげられます。

探偵の経費は、対象者が高速道路に入ったり、タクシーを利用したり、対象者の行動や、調査の進行具合などによって大きく変わりますので、一定の金額になる事は通常ありえません。

ただ、1日で数万円かかったりすることは通常はほとんどなく、大抵の場合は1日あたり数千円の交通費分ということが多いです。

「経費込み」というのは、経費分を追加で支払う必要がないということですから、依頼者にとってはメリットに思えるかもしれません。

しかし、「経費込み」だと前もって高めの料金に設定されている場合が多く、実際は本来かかる金額よりも高額な経費を余分に支払っている可能性が非常に高いです。

なので、その日かかった経費を事後報告で明確に明細を出してくれる探偵事務所に依頼することをお勧めします。

悪徳探偵社の特徴2:不安をあおって契約させる

探偵業者の中には、「今、調査しておかないと、取り返しがつかないことになる」

など、不安をあおって契約を迫る業者も少数ながらいらっしゃるようです。

業者によっては、押し売りのような状況になり、契約をしないと事務所から出してもらえなかったなどという、極端な悪徳業者の話も伺います。

確かに、浮気調査などだと、パートナーが尻尾を出しているうちに証拠を押さえておかないと、その後パートナーに浮気を疑っている事がバレてしまったり、時間が経過した後だと、なかなか証拠を押さえる事が難しくなってしまうような事例も見られます。

しかし、探偵業者は安い業者でもやはりそれなりの調査費用がかかります。

なので、優良な探偵事務所であれば、早く調査をした方がいい場合は合理的な理由などを説明することはあるかもしれませんが、当然調査内容や調査費用などに納得していただいてからの契約になりますし、その場で契約を迫る事もありません。

高いお金をかける事になりますので、その他の探偵事務所などと相見積もりなどを頼んでから依頼するべきでしょう。

もし、押し売りのように契約を迫られても、皆さんは絶対に費用などに納得していない場合はその場で契約しないでくださいね!

探偵事務所には顧客側から相談を持ち掛けて契約を行う場合が多いので、この場合はクーリングオフなど、契約後に解除を言い渡す事が出来ない場合もございますので、くれぐれもお気を付けください!

ただ、例えば「複数の相談員で囲み、契約するまで返そうとしない」など、悪質な行為が確認できた場合は、消費者契約法の退去妨害に当たる可能性のある違法行為ですので、契約を一方的に解除できる場合があります。

悪徳業者でお困りの方は放置せずにすぐに無料相談などでもかまいませんので、弁護士などに相談してください。

悪徳探偵社の特徴3:勝手に自宅を訪れて営業をかけてくる

ここまでくると、はっきり言って信じられませんが、一度でも相談をして住所をつたていた場合、勝手に自宅に訪問して営業してくる探偵社の営業マンがいる用です。

しかし、これは通常の探偵事務所では考えられない行為です。

そもそも、探偵に依頼するような事例って、家族や周囲などにバレたくないような事例が非常に多いので、依頼者から希望された場合以外で自宅に押し掛ける事はあり得ません。

また、この場合でも、契約をしないと帰ってくれないような場合は、消費者契約法の不退去に当たるので、通報可能です。

悪徳探偵社の特徴4:契約内容が分かりづらく、高額である

やはり、悪徳探偵社とのトラブルでは、金銭面のトラブルが一番多いかもしれません。

探偵業者の費用などが不明瞭だったり、実際に依頼してみたら驚くほど高額だった。

という事例は少なくありません。

調査後に費用が思ったより高くなってしまう事の原因は、調査時間の延長料金や、調査に使う人数などが影響している可能性があります。

通常の探偵業者であれば、事前に調査員の数や、延長料金がいくらになるか、延長を行うかどうかなどを確認すると思いますが、依頼者の知識がないことをいいことに、調査時間を勝手に延長したり、勝手に稼働する調査員の数を増やすような悪徳業者もいらっしゃいます。

後から高額請求をされる場合、気を付けるのも難しい場合がありますので、契約の際はボイスレコーダーを持参するのも手段の一つかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

探偵事務所である我々としても心苦しいところですが、いまだ悪徳探偵社の話題を聞くことは少なくありません。

皆様も、悪徳探偵社の被害に会わないように注意して探偵社を選んでください。

【探偵 岐阜 浮気調査 岐阜 岐阜 浮気調査 (株)総合調査トラスト】

                                   
電話番号 LINE お問い合わせ