Trust News & Blog 【岐阜市浮気調査事例】宗教にハマっている娘夫婦

2023年4月24日
素行調査事例

【岐阜市浮気調査事例】宗教にハマっている娘夫婦

今回は、「宗教にハマっている娘夫婦」の浮気調査事例をご紹介します。

依頼者:奥様(S様64歳) 対象者:娘夫婦

調査場所:岐阜県岐阜市

依頼内容

「娘が毎日のように家を留守にするんです。」そう言って弊社事務所に相談に来たのは依頼主のS様64歳。

S様夫婦は娘夫婦と同居しているのですが、最近娘が宗教にハマり、毎日のように家を留守にするんだそうです。

娘夫婦は既に結婚10年以上経っているのですが、子供がいないため、孫は見られないとあきらめているそうですが、最近娘の服装が派手になり、下着も新しい際どいデザインのものを使っているようで、娘が宗教を理由に浮気をしているのではないかと考えるようになったようです。

「娘の旦那様にバレるのは時間の問題だと思うんです。旦那様にバレる前に真実をつきとめて娘に浮気を辞めさせたいのです。」

娘の旦那様は、長距離トラックの運転手をやっていることから、自宅で寝るのは週に1回か2回程度だそうで、それを都合良く利用して、娘は最近では外出が多いどころか、旦那様が帰宅してこない日に合わせて外泊をする日も少なくないということでした。

「自分の娘とはいえ、これは娘の旦那様への裏切り行為です。2週間徹底的に調査してください。」

ということで、2週間毎日の調査が決定しました。

調査内容

初めて来社いただいた当日は、娘様の写真や車のナンバー、本人確認の書類などが全くない状態であったので、再度奥様に書類を用意していただいて、打ち合わせを行うことになりました。

娘様は赤色の軽自動車に乗っているようで、娘婿の車が止まっている時は基本的に外出しないだろうということでした。

調査は2週間毎日継続して行ってほしいとのことでしたが、奥様と探偵事務所の連絡がバレると警戒されてしまうかもしれないので、調査終了まで連絡を取らないでほしいとの希望がありました。

調査結果

調査初日から早速娘様に動きがありました。

自宅を12時頃に事前に伝えられていた赤色の軽自動車に乗り出発。

普段使いしているとは思えない10㎞ほども離れた24時間スーパーの駐車場に入りました。

事前情報では、奥様がスーパーへ買い出しに行く事もあるそうですが、普段通っているスーパーは自宅から1㎞ほどの近くにあるもので、わざわざ離れたスーパーに来たことから、調査員も警戒して尾行しました。

娘様は車を止め、スーパーには入らず駐車場の出入り口付近にエンジンをかけた状態で止めていた車の助手席に乗り込み、発進しました。

ちなみに、24時間のスーパーや大型銭湯などは浮気、不倫現場のたまり場になっています。

本人たちはうまく利用しているつもりかもしれませんが、店舗側からはバレバレなので、いつか注意をされてしまうかもしれません。もちろん探偵にもバレバレです。

娘様を乗せた車はスーパーを出て、高速道路のインター近くにあるラブホテルに入りました。

お昼過ぎに入り、ラブホテルを出たのは夕方17時頃でした。

ラブホテル出口で浮気相手の男性と娘様の姿を撮影することに成功しました。

ラブホテルから出ると男性は娘様をスーパーの前で降ろしました。

娘様はスーパーに入っていきました。事前情報では17時過ぎから18時頃にスーパーで買い出しをして帰ってくるパターンも多いと伝えられていたので、奥様ではなく、男性の尾行に切り替えました。

男性はなんと、依頼者の奥様や娘様の住む自宅から数十メートルしか離れていない場所に帰宅。

その後、自宅に娘様も帰宅を確認しました。

2週間の間にその後も2回の不貞行為を確認。男性の身元を詳しく調査を行い、調査を終了しました。

まとめ

娘様の浮気相手は高校時代の同級生の男性であり、現在離婚4年目のようですが、離婚時に引き取った二人の子供と暮らしているようでした。

なんと、子供たちは娘様の存在を知っているばかりか、なついている様子で、調査を行った2週間の間の週末に子供たちと男性、娘様の4人で家族旅行(?)に行くことすらありました。

また、男性と娘様は同様の宗教を信じているようで、宗教が取り持った関係だったようです。

上記の内容の調査報告書を親御様のお二人に提出しました。

それに対する依頼主の奥様と旦那様の反応は大局的なもので、奥様は浮気を確信していたのか冷静な様子で、旦那様は怒りに震えていました。

後日、連絡をいただきました。

離婚、慰謝料請求等はしなかったようですが、依頼者の旦那様(娘様のお父様)が娘様の浮気相手の家に怒鳴り込み、子供の前で謝罪を要求したとのことでした。

また、もう二度と会わないと誓約書を書かせたようです。数か月後、男性は家を引き払いどこかへ引っ越していったそうでした。

                                   
電話番号 LINE お問い合わせ