Trust News & Blog 【多治見市 探偵】社員の素行調査事例

2023年3月15日
素行調査事例

【多治見市 探偵】社員の素行調査事例

ご依頼者様

多治見市で営業代行の会社を経営されているご依頼者様。

業務内容としては、社員が企業に電話をして商材について話をし、興味を持って頂いた会社にアポを取って訪問営業するという仕事でした。

ある社員がアポの件数が多いにもかかわらず、なかなか成績が上がらないため、営業と言って仕事サボっているのではないかと疑い始めたそうです。

もしサボっていることが分かった場合、解雇も考え弊社にご相談いただきました。

本来勤務時間にも関わらず、仕事をしていなければやはり給料を支払うのはもったいないと感じてしまうものです。

また、1人を許してしまうと会社全体の士気が下がってしまうため、早急に対処し、社内の雰囲気を引き締めたい狙いもあるとのことです。

ご依頼内容

社員の素行調査

調査概要

ご依頼者様の会社は、朝8時30分からの勤務で終了が17時半が定時でした。

出勤した後、その日のスケジュールを報告し、アポがない時は、電話営業をするという勤務内容でした。

スケジュール報告や朝礼があるため、調査開始時間は、10時から会社付近にて調査員を待機させることにしました。

また問題社員は、アポがない日はなく毎日外に営業に出かけるとのことです。

また、アポのスケジュールが終わると会社に戻らないといけないため、一日の調査時間を決めるのではなく、まとめて頂いた調査時間から差し引いていく調査プランとしました。

調査の合計時間数は20時間分頂き、20時間分の勤態を確認しサボりの証拠を押さえることになりました。

調査結果

1日目

会社に到着し、調査を開始した。

ご依頼者様からご連絡をいただき、本日のアポの予定は13時からとのこと。

ただ昼食の時間もあるため、本人は12時頃から出かける可能性もあるとのことでした。

12時頃、本人が社用車に乗車し、会社から出るのを確認した。

社用車は、会社から少し離れた牛丼チェーンに停まり、本人が昼食を取るのを確認する。

昼食を食べ終えた後、スケジュール通りの企業の近くのパーキングに車両を駐車した。

そのまま、企業先に入り長時間の営業と思われましたが、30分程で会社から出て来るのを確認した。

その後、社用車に乗車しすぐに発進はせず、30分ほど車内で動画を見ているを確認し、撮影する。

丁度、パーキングに停めて、1時間ほど経ったところでパーキングから発進するのを確認した。

どうやら、会社の経費として領収書を出さないといけないため、領収書から仕事をしていた時間が分からないようにわざと車内で時間を潰していたようであった。

この日のアポは、一件だけだったようでそのまま会社へと帰宅した。

そのため、1日目の調査を終了した。

2日目

この日は、アポが2件あるとのことで10時半から出かけるとのことであった。

本人が社用車に乗車し、会社から発進するのを確認する。

事前にどこの企業に営業に行くかは、ご依頼者様から教えて頂けるため、進行方向の目星はついていた。

しかし、ご依頼者様から言われていた企業の方面とは、別の方向へと車は向かっていく。

行きついた先は、少し路地に入らなければ分からない喫茶店であった。

喫茶店で、営業先の人と会う可能性も考え、時間を少し開けてから店内へと調査員を潜入させた。

同店内を確認したところ、社員は1人で席に座っており、やはり営業ではなかった。

携帯を横画面にして、動画を見ているのを確認する。

また、同店内で昼食を済ませた後も、そのまま次のアポ先へと向かうことはなかった。

店内で二時間ほど経過して、ようやくお店を後にする社員。

時刻は1時過ぎであったが、まだ会社に戻ると言われていた時間よりかは、早かった。

社員は、近くの神社のわきに車を駐車させて、社内で昼寝を始めるのを確認した。

結局、1時間ほど神社わきで昼寝を済ませた後、会社へと帰宅した。

3日目

14時からアポがあるとのご連絡を受けて調査を開始する。

13時半、会社からいつものように社用車に乗車し発進する。

今回は、情報通りアポ先の企業方面へと車を走らせた。

企業先の近くのパーキングに車を停めて、同会社に入って行くのを確認した。

その後、1時間近く同会社に滞在し、同会社から出るのを確認する。

パーキングに戻った社員は、すぐに車を出して会社へと戻るのを確認した。

毎日、サボっている訳ではなく、最低限の仕事はどうやらしているようである。

そのまま調査を終了した。

4日目

この日のアポは1件とのことで、13時に会社を出るとのことであった。

ただ、アポ先が遠いところのため、往復の移動時間が掛かると本人から言われているとのことである。

会社から本人が出るのを確認した。

車両は、情報通りの企業方面へと向かう。

しかし、営業先に向かう途中にあった大型ショッピングモールの目立たない端っこに車両を駐車させた。

少し休憩するのかと思いきや、そのまま2時間半、同所に停車させたままであった。

車内の様子を確認すると、イヤホンを付けて動画を見る姿を確認することができた。

結局、営業先にはいかず、そのまま会社へと帰宅した。

5日目

この日は、朝から3件のアポがあるとのことであった。

10時30分、会社から社員が出るのを確認する。

一件目のアポ先に到着し、しっかりと営業をしているのを確認した。

1時間ほどで出てきた後、アポ先近くの定食屋さんで昼食を取った。

昼食を食べ終えた後、次のアポ先へと向かわず、以前も訪れた喫茶店へと行く。

同店内を調査員が確認したところ、変わらず1人でいるのを確認した。

店内では、携帯でゲームや動画を見ているのを確認し、撮影する。

1時半後同店を出た後、神社わきに車を停めて昼寝をしているのを確認した。

1時間ほど仮眠を取った後、職場に戻り調査を終了した。

6日目、7日目

6日目、7日目はアポが1件ずつであった。

アポ先へと営業に向かい、しっかりと営業をしているのを確認した。

8日目

この日もアポは1件とのことであった。

しかし、アポ先に向かうことはなく、ショッピングモールの駐車場へと向かう。

同所で、動画や仮眠をしてそのまま営業することはなく、会社へと戻った。

頂いていた時間を全て消費したため、調査を終了した。

調査結果

問題社員は、最低限の仕事をしながら業務をサボっていたことが判明した。

また、サボる場所が決まった場所であったため、何度も同じ行為をしていると思われた。

営業が早く終わった場合、時間調整のためパーキング内でサボることも判明した。

上記の証拠を基に、社員と話し合いをした結果、退職する形となった。

社員の素行にお困りの方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

                                   
電話番号 LINE お問い合わせ